読めばゾッコン!!ユニーク生物~ 1500 円で 体験できる ワンダーワールド~ | 生物学類生による詳細ページ  

メニューを開く

border border border border border

生物学類生によるページ

書評

読めばゾッコン!!ユニーク生物~ 1500 円で 体験できる ワンダーワールド~

クイズ
ほとんど毛が生えて い ない“ハダカ”状態で、 且つ 出っ歯な もの ってなんだ?
ただし、答えは現実世界に実在する生き物とする。

皆さんは上記のクイズになんと答えるだろうか?皆さんは上記のクイズになんと答えるだろうか?
「人気漫画 『 ゲ○ゲの鬼太郎 』 の子泣きじじいだろうか。いや、子泣きじじいは頭には毛
が生えていないし出っ歯ぎみではあるけれど、現実世界では見たことがないな…」
「うちのお父さんは頭にほとんど毛がないし出っ歯だけど…」
「“答えがない”というのが答えなのではないか?」
こんな声が聞こえてきそうだ。しかし 上記のクイズに答えは ちゃんと 存在する。それは
「ハダカデバネズミ」である。
****************************************
ハダカデバネズミとは、その名の通り 体表にほとんど毛が生えていない“ハダカ ”状態の皮
膚と長く伸びた出っ歯を持つネズミである。 なお ハダカデバネズミの研究をしている研究
者の先生方は皆 ハダカデバネズミに 敬意を込めて 「デバ」と 呼んでいるため、 私 も 以下 それ
に倣 っていこうと思う 。デバは もちろん現実世界に存在する生き物であ る。 アフリカのサバ
ンナの地下にアリの巣様のトンネルを掘り、そこに大きな一族を形成して暮らしている。 私
は この デバが大好き だ 。 そのきっかけは、 約 2 年前に某所で開催された 『 キモかわいい展 』
というイベント を訪れ そこで初めてデバを直接見て魅了された こと だ 。 「見た目はキモいの
に、こんなに可愛い生き物がいるなんて!!」とその時から 私は デバにゾッコンになった。
そんな 私 をもっともっとデバにゾッコンにさせるような本 に、 去年の夏に 出会った。 岡ノ谷
一夫先生が監修した 『 ハダカデバネズミのひみつ 』 という本である。
2 020 年夏のある暑い日、 私 は 本当にツイて い なかった。暑い中自転車を漕いで買い物に
行ったが目的の物は全て売り切れ。フラフラしながら自動販売機に 1 000 円 札を入れたら飲
み物もお金も何も出てこなかった 私の 1 000 円を返 して いや、そもそも飲み物を頂
戴! !) 。 そんな 最悪な日は一瞬で最高な日に変わった。なんとなく入った本屋で前述の 『 ハ
ダカデバネズミのひみつ 』 に出会ったのだ。 私 は既にデバの大ファンだったため即購入し、
家に帰ってすぐ 読み始めた。そして 読み終わって、いや読んでいる途中からもう叫んでいた。

“すごい!やっぱりデバ最高!”

では 本書の内容について触れていこう。
本書は、 デバの見た目の雑学・デバが持つ並外れたガン耐性・一族のカースト制度 などに
ついて最新の研究結果を交えつつ非常に詳細に解説している。 デバはなぜ“ハダカ”なのか、
デバ は出っ歯を何に使うのか、重要器官なのに小さい耳、デバがガンにかからないメカニズ
ム、 一族の頂点に立つ女王の哀愁に満ちた生涯…などについてだ。 またデバの研究をしてい
る先生方の研究小話も 載っている ため、本当に様々な 面からデバのことを知ることができ
る 一冊となっている 。 本書を読めば、プチ“デバ博士”になれること間違いなしだ。 なおデバ
の生態は どれも ユニークすぎて非常に驚くため 、 くれぐれも腰を たくさん 抜かしすぎて立
てなくならないように気を付けたい。
さらに嬉しいことに、 本書にはデバの可愛らしい写真やイラストが盛りだくさん なので
ある。 それら によって 本 の内容 が 絶大に 分かりやすく な ってい る のはもちろんなのだが、加
えて デバの様々な表情が見られ るため「 1 500 円 本書の価格 ) で本を買ったつもりが思い
がけず写真集までついてきてラッキー!!」と大変嬉しく なる のだ 。 写真を次々目で追って
いくと、まるで目の前でデバが動いてこちらに笑いかけてくれているような錯覚に陥る。家
に居ながらにしてこれ以上ないファンサービスを受けることができるのだ。まさに「会いに
来てくれるアイドル、デバ」である。またイラストも大変可愛らしい。あるデバが他のデバ
を踏みつけ 、 踏みつけられたデバが不服そうにしているイラストがあるのだが、思わず微笑
んでしまう。「毛が生えてない出っ歯のネズミが可愛いはずがないでしょう!」と突っ込ん
だ方、ぜひ騙されたと思って一度本書を読んでみてほしい。絶対にデバの可愛らしさに魅了
されること間違いなしだ。
私 の知る限りでは、国内で出版されているデバ関連の書籍の中で 1 番新しく 1 番詳細に
書かれているのが本書である。 だから 本書 は、いわば デバの公式ファンブック と言えるので
はないかと思う。 本書はデバに元々興味があった人もそうでない人も、等しくデバにゾッコ
ンにさせてくれる 魔法の本である。 ぜひ 本書を読んで 皆さんにも 「デバ ’s ワンダーワール
ド」を 体感して頂きたいと思う。
最後に、 皆さんがデバについて興味を持って下さることと、デバ研究のさらなる発展を願
って。

 

文責:生命環境学群生物学類 3 年 長谷川咲希

●書籍情報
タイトル:「ハダカデバネズミのひみつ」
監修:岡ノ谷一夫
発行所:株式会社エクスナレッジ

初版発行:2020 年  8月 13 日

一覧に戻る